Barrier-free

  ご縁があって、介護保険を利用して住宅改修を希望する方の訪問相談員を3年半行いました。介護リフォームの現場は奥深く、お客様の安心した笑顔を見る度にこの仕事に魅了されていきました。

  介護・介助を必要とする方の場合、住環境に美しさを追求する余裕がないこともしばしばありましたが、一方では、手摺を付けるのに「せっかくの家にビス穴を開けたくない」と、美観を気にする方もたくさんいらっしゃいました。

  また、本当はバリアフリー改修が必要な身体状況なのにも関わらず、家族に気を遣い、「ここに手摺があると邪魔になるのではないか」などと改修を拒否する方もいらっしゃいます。

  バリアフリーの住環境を整える方法は、リフォームだけではありません。置き型の手摺などの福祉用具を使用したり、ベットの位置を変えるだけでも住環境が改善する場合があります。何を選ぶかによって、メリットとデメリットがありますが、どれがご本人・介助者にとってベストなのか、気持ちよく過ごせるのか、一番良い方法を一緒に見つけましょう。