Barrier-free

 名古屋市の介護実習普及センターである、なごや福祉用具プラザにて、介護保険を利用して住宅改修を希望する方の訪問相談員を3年半行いました。介護リフォームの現場は大変奥深く、本人様介護者様の笑顔は、こちらにも活力を与えてくれました。

 住宅環境の整備はQOL(生活の質)の向上に大変貢献します。自宅で長い時間を過ごす方々にとって、インテリアデザイン設計はとても重要です。安心安全に移動・動作ができて、介護者も動きやすい住まい。美しさと癒しも必要です。

 福祉用具の使用、介護ベッドの導入、介護保険や福祉資源の利用状況などを鑑み総合的な判断をしながら、最良な住宅環境へと導き出す事が大切です。